仕事がきついと感じる人へ!きついと感じる原因や悪影響と6つ対処法を紹介

hardworker

仕事がきつい…。そう感じてしまっていませんか?

仕事は楽しいだけではなくて、しんどいことや楽しくないこと、やりたくないことなどももちろん多く存在します。そういうのが重なってきたときにどうしても仕事がきついと思うようになってきてしまいます。

では、仕事をきつい場合、どのように行動したらいいのでしょうか?
この記事では、仕事をきついと感じる原因や、対処法などを詳しく紹介していきます。
では、さっそく見ていきましょう。

仕事をきついと感じる原因

仕事がきついと感じてしまうのは何が原因なのでしょうか?
きついと感じる原因にどんなものがあるか紹介していきます。

仕事量が多い
仕事の環境が悪い
人間関係が悪い
仕事内容に不満がある

仕事をきついと感じる原因①:ノルマが多い

仕事のノルマが多く、毎日のように残業が続いてしまうと、なかなか体を休めることができません。
この状態は、精神的にも肉体的にも「きつい」と感じてしまいます。

また、仕事のノルマが多いと、仕事をこなしても終わりが見えず、結局家に帰れずに仕事に追われてしまうと言うことにつながります。その結果、肉体的にも精神的にも負担がかかって、きつい状態に。

仕事をきついと感じる原因②:人間関係が悪い

会社に出勤して仕事をする人は、多くの場合1週間の多くの時間を会社で過ごします。その中で、職場の人間関係がうまくいっていない場合は、ちょっとしたことが重なったりして精神的にストレスを抱え、結果的に仕事が「きつい」と感じることがあります。

仕事はほとんどの場合は、人と関わりながら行うものです。そのため、人間関係で感じるストレスや違和感は仕事がきついと感じる大きな理由になります。

仕事をきついと感じる原因③:仕事内容に不満がある

仕事量や、職場の環境が良かったとしても、自分がやりたくない仕事を任されていたり、自分が満足できる仕事をできていない場合は精神的に「きつい」と感じることがあります。

満足できる仕事ができていない場合は、努力でカバーできることもあるかもしれませんが、きつい仕事を任されている場合は、気持ちを変えるなりのアプローチを行わなければどうにもなりません。

関連記事

シャベリンあ〜このままずっと寝てたいな。今日は会社に行きたくない…毎日朝起きたらいつもと変わらない天井を見つめながら同じことを考える。今日はベッドに1日張り付いて自宅を警備した方がいいんじゃないか?最近物騒だし。[…]

i-don't-want-to-go-to-work-thumbnail

Office worker feeling frustration because of the bad conditions at work

仕事がきついことの悪影響

仕事がきついと感じることは、肉体的にも精神的にも大きな悪影響があります。
この章では、具体的にどんな悪影響があるのかを調査していきます。

ストレスによる負荷
うつ病の発症
過労死の危険性

仕事がきついことの悪影響①:ストレスによる負荷

きつい仕事だけでなく、日々の仕事の中でストレスを感じている人は多いと思います。ストレスを常に受け続けている環境にいたり、仕事量が多かったり、仕事に対する責任が重かったりすればするほど、リラックスする時間が取れず、ストレスによる負荷が増えて「きつい」可能性があります。

ストレスを上手に発散できれば問題はありませんが、休みがないようなきつい仕事をしている場合はストレスを発散する時間が取れず、ストレスを溜め過ぎてしまうことになります。

ストレスによる負荷がかかっている時間が続けば、精神的な病気にかかったり、うまく眠れなかったり、集中力が下がってしまいさらにきつい状態になってしまいます。

仕事がきついことの悪影響②:うつ病の発症

うつ病は誰でも起こる可能性のある病気です。うつ病の原因には、ストレスが大きく関わってきます。そのため、仕事がきついとストレスを感じている人はうつ病になる危険性が大きいと言えます。

また、うつ病になりやすい人は責任感が高い人でもあります。どんなにきつい仕事を任されても、自分の仕事だから、自分がいなくなると迷惑がかかるからと仕事に対しての責任感が高い結果、ストレスを抱えてうつ病になるというケースもあります。

真面目で責任感がある人は、きつい状態でも、どうしても無理をしなくていいところで頑張ってしまったり、無理をしてしまうことがあります。うつ病を発症してしまうと、自殺してしまうと言う可能性もあるので、気を付ける必要があります。

 

仕事がきついことの悪影響③:過労死の危険性

仕事がきつい人が一番危険視して欲しいのは「過労死」です。過労死とは、長時間の労働による睡眠不足や、休日返上で連勤などが続くきつい仕事だと、突然倒れて死んでしまうということがあります。過労死は、実際に法外な残業時間で過労死してしまった社員がいるとニュースで話題になってたこともあります。
また、突然倒れてしまうだけでなく、きつい仕事が原因で精神的に病んで自殺してしまうと言うことも考えられます。

過労死ラインと言われているのは、残業時間が月に80時間から100時間を超えている場合です。もし仕事がきついと感じ、今の仕事がこの時間を超えてしまっている場合は、自分の命を守るためにも転職を検討した方がいいかもしれません。

A man holding an umbrella as his only protection stands as part of a cliff is breaking off and is about to fall on top of him.

仕事をきついと感じた時の対処法

仕事がきついと感じているまま、仕事を続けてしまうと、精神的にも肉体的にも危険な状態だと考えてください。前章でも、紹介しましたが、仕事のきついと感じることが実際の病気や疾患になる恐れがあります。
では、仕事がきついと感じた時はどのようなことをすればいいのでしょうか。

仕事がきついと感じたとき、以下のような対処法が考えられます。

上司に悩みを相談する
自分へのご褒美を用意してみる
目標を設定する
休みをとってリフレッシュする
配置換えや部署異動の相談をする
思い切って転職を検討する

仕事をきついと感じた時の対処法①:上司に悩みを相談する

仕事がきつい時はまずは頼れる人に相談することを考えてみましょう。

仕事の何に対してきついと感じているのかを具体的に伝える必要があります。仕事量が多いのか、疲れが溜まっているのかなど、仕事に対してどれくらいきついのかを客観的に見直しましょう。
きつい時は、1人で抱え込まず、相談することで問題の根本的な解決につながります。

人間関係が原因で上司に相談できない事情がある場合は、他に頼れる第三者に相談することも、きつい状態から脱する良い方法です。

仕事をきついと感じた時の対処法②:自分へのご褒美を用意してみる

仕事に対するモチベーションが上がらず仕事に対してきついと感じているのであれば、自分に対してご褒美を用意してあげるといいでしょう。ご褒美は大きなものでも小さなものでも構いません。

例えば、大好きなアーティストのライブや、温泉に旅行する、好きな人に会う、美味しいものを食べる、我慢してたものを買うなど、ちょっとしたご褒美があるだけで、毎日の仕事に対するモチベーションが大きく変わり、きつい状態も楽になります。

仕事をきついと感じた時の対処法③:目標を設定する

仕事内容にきついと感じているなら、今、自分がどんな将来像を描いて、どうなっていきたいのかをしっかりと目標設計しましょう。

目標達成のために自分なりに仕事で工夫することができるようになると、自分の仕事に大きな意味が生まれ、きつい気持ちがより明るい気持ちで仕事に対して挑めるかもしれません。

いきなり将来のことまでイメージできないという場合は、今向き合っている仕事に対しての目標でも構いません。何時までにこの仕事を終わらせるなど、小さな目標でも達成感を得られることができます。

そうすることで、仕事に対するモチベーションを維持することができます。

関連記事

「自己分析」は就活生のするもの。一人前の大人になった今、自己分析なんてやる必要がないと思っていませんか?自己分析は何歳になっても役に立ちます。大人になった今、自己分析を行うことで、自分と向き合って、やりたいことや、やりたくないこと、[…]

self-analysis-thumbnail

仕事をきついと感じた時の対処法④:休みをとってリフレッシュする

何日も仕事が終わらず連日仕事が続いてしまってきついと感じる場合は、仕事のことで頭がいっぱいでしっかりと休めていないかもしれません。たまには、きつい仕事を休んで心も体もリフレッシュできる時間をとってみるといいでしょう。

休みが取れない場合は、ちょっとオフィスの外にでて空気を数だけでも、気持ちはスッキリします。また、リフレッシュとして、休みの日にヨガをしたり、筋トレをしてみるのもおすすめです。

関連記事

シャベリン今日はせっかくの休日…! どうせなら、遠くまで出かけて温泉に入ったり、思い切って海外に行って羽を伸ばしたりしたい!!という気持ちはあるものの、現実はお金がなくてそんなことをしている余裕も全くない……。[…]

inexpensive hobbies

仕事をきついと感じた時の対処法⑤:部署異動の相談をする

どうしても仕事には合う合わないがあると思います。自分に合わない仕事をしているときついと感じます。そういう時は、思い切って部署異動の相談を検討することも大切です。

人間関係や、仕事内容が変わるだけでも精神的にも肉体的にもきつい状態が楽になる可能性はあります。今の自分の状態を客観的に見直して、人事や上司に相談してみましょう。

仕事をきついと感じた時の対処法⑥:思い切って転職を検討する

いろんな対処法を試してみても、仕事がきついと感じてしまう場合は、転職することも視野に入れてみましょう。

仕事がきついと転職することは悪いことではありません。実際に転職するつもりがなくても、新しい仕事を探してみることで自信につながったり、今の会社のいいところを再認識できるかもしれません。

仕事内容が原因で仕事がきついと感じている場合は新しい業界に飛び込んでみることも検討してみましょう。

関連記事

あなたは今のキャリアに満足できていますか?それとも、今のキャリアに満足がいかず転職をしようとは悩んでいませんか? もちろん今のキャリアに満足している人もいると思いますが、少なからず自分のキャリアについて悩みを抱えて[…]

キャリアの悩み サムネイル
関連記事

会社を辞めると言うことは、人生において大きな選択になります。なので、退職したいと思っていても、実際には本当に辞めるべきなのか、退職理由をどうやって伝えたらいいのか、言いたくないと悩んでいる人もいると思います。退職理由は人それ[…]

Asian male business person giving up

まとめ

仕事をきついと感じてしまう原因や、仕事がきついと感じた時の対処法について紹介してきました。

今の環境の中で、きついと思うことを対処できることが一番いいですが、どうしても今の職場や会社では無理だと思う場合は、転職を検討してみましょう。転職するのを待てない、精神的にもう無理だという場合は思い切って仕事から離れる選択をとることも大切です。

自分のことは自分でしか守れません。自分の心や身体がきついと感じてしまったら、なるべく早く適切な行動を取りましょう。

   

しゃべりおリンクバナー投稿記事内用

NO IMAGE

What's ”shabellbase”?

自分らしさは探すものじゃない、育むものだ。
明るい社会と未来のために、だれもが必ず持っている、“あなたらしさの種“を育てるヒントを提供するのがshabellのバリュー。
shabellbaseは、自分らしく生きる人の軌跡や考え方を綴った、キャリア、ライフスタイル、価値観にフォーカスし、“生き方図書館“ を目指すウェブメディアです。

CTR IMG
contact
us
LINE facebook