職務経歴書を簡潔にまとめる方法は?重要なポイントと具体例を紹介

resume-thumbnail

転職活動において、職務経歴書は自分の経験やスキルをアピールする重要なツールです。そのため、職務経歴書を簡潔にまとめることは転職やキャリアアップを目指すための大事な鍵となります。本記事では、職務経歴書を簡潔にまとめる方法と具体的なポイントを紹介します。

これにより、効果的に自分をアピールし、希望する企業への転職を成功させる手助けを目指します。

職務経歴書を書く前に

今回は、職務経歴書を簡潔にまとめる方法を紹介していくために、読んでいる人たちが自分のことのように想像しやすいように具体的に紹介していきます。まずは、実際に想定される人物像をはっきりとさせておきましょう。

人物概要

名前: しゃべりおさん
年齢: 29歳
性別: 女性
職業: 営業職
学歴: 大学卒業(経済学専攻)
勤務地: 東京都
家族構成: 既婚、子供一人

職務状況

現在の勤務先: 中堅の製薬会社
職歴: 現職で7年勤務
スキル: 顧客対応、プレゼンテーション、データ分析
転職理由: さらなるキャリアアップを目指し、より大きな責任を持つポジションに挑戦したい
目標: 外資系企業や大手企業への転職
This image depicts a professional woman in her mid-30s confidently presenting her resume during a job interview in a modern office setting. She is dressed in professional attire and is discussing her work experience with a hiring manager. The background includes a laptop, documents, and sleek office decor, emphasizing a professional and prepared demeanor.

【職務経歴書を簡潔にまとめる方法】具体的な書き方の例

長い職歴を持つしゃべりおくんにとって、職務経歴書を簡潔にまとめることは重要です。まず、過去の職務経験を時系列に沿ってリストアップし、その中から最も重要な経験や成果を選びましょう。具体的な書き方の例を紹介します。

具体例:

1. 株式会社XYZ(2011年~現在)
– ポジション: 営業マネージャー
– 業務内容:
– 主要顧客との関係構築と維持
– 年間売上目標の達成(毎年10%以上の成長を達成)
– チームの指導とトレーニング

2. 株式会社ABC(2006年~2011年)
– ポジション: 営業担当
– 業務内容:
– 新規顧客開拓
– 顧客ニーズの分析と提案
– 月間売上目標の達成

ここでは、職務経歴を時系列に沿って簡潔にまとめています。ポジションと主要な業務内容、特に達成した成果を強調しています。

【職務経歴書を簡潔にまとめる方法】おさえるべきポイント

職務経歴書を簡潔にまとめるためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

・重要な成果を強調する
・キーワードを使用
・簡潔な言葉遣い

ポイント1: 重要な成果を強調する

長い職歴の中から、特に重要な成果を選び、それを強調しましょう。

例えば、「年間売上目標の達成」や「新規顧客の獲得」など、具体的な成果を数字で示すと説得力が増します。達成した成果は、応募先の企業にとっても評価基準が異なる場合もあるので、具体的な数値を明示することが大切です。

ポイント2: キーワードを使用

職務経歴書には、応募先の企業が求めるキーワードを取り入れましょう。そのためには、業界研究や企業研究を入念におこなっておくことも大切です。

例えば、外資系企業への転職を目指す場合、「英語力」「国際的なビジネス経験」などのキーワードを盛り込むと効果的です。求人票や企業のホームページを参考にし、どのようなスキルや経験が求められているかを把握しておきましょう。

ポイント3: 簡潔な言葉遣い

職務経歴書は簡潔にまとめることが重要です。そのため、長々とした説明は避け、要点を明確に伝えるよう心がけましょう。

例えば、「新規顧客開拓」ではなく、「年間30件の新規顧客を開拓」と具体的な数字を加えると短い文章でもより多くのことを伝えることができるので良いでしょう。また、文章を短く簡潔にするために、箇条書きを活用すると効果的です。

This image showcases a group of professionals collaborating on a project in a modern office environment. They are using laptops, documents, and a whiteboard, actively discussing and sharing ideas. The dynamic setting includes office furniture and decor, highlighting a productive and interactive workspace.

【職務経歴書を簡潔にまとめる方法】効果的なアピールをするためには?

職務経歴書を簡潔にまとめるだけでなく、効果的にアピールするための方法も重要です。

・STAR法を活用する
・視覚的な要素を取り入れる
・第三者の視点を取り入れる

方法1: STAR法を活用する

STAR法(Situation, Task, Action, Result)を用いて、具体的なエピソードを簡潔にまとめると、採用担当者にわかりやすく伝わります。

例えば、あるプロジェクトでどのような状況(Situation)に直面し、どのような課題(Task)を解決するために、どのような行動(Action)を取り、その結果(Result)どのような成果を上げたかを明確に記述します。

STAR法は、特定のエピソードを具体的に説明するためのフレームワークです。以下の4つの要素で構成されています。

  1. Situation(状況): 直面した状況や背景
  2. Task(課題): その状況で達成すべき課題
  3. Action(行動): 課題を解決するために取った行動
  4. Result(結果): その行動の結果、達成した成果

《STAR法の例》

  1. Situation: プロジェクトが遅れていた。
  2. Task: 期限までにプロジェクトを完了させる。
  3. Action: チームのタスクを再割り当てし、進捗を毎日チェック。
  4. Result: 期限内にプロジェクトを完了し、顧客から高評価を得た。

方法2: 視覚的な要素を取り入れる

箇条書きや表を使って情報を整理し、視覚的にわかりやすくすることも効果的です。

視覚的に整理することで、読み手が情報を素早く理解しやすくなります。例えば、職務内容や成果を箇条書きにし、重要なキーワードを太字にすることで、視認性を向上させます。

方法3: 第三者の視点を取り入れる

完成した職務経歴書を第三者にチェックしてもらい、客観的な意見を取り入れることで、より魅力的な職務経歴書に仕上げることができます。

第三者のフィードバックを受けることで、見落としていたポイントや改善点を見つけることができるでしょう。例えば、友人や同僚、キャリアカウンセラーに確認してもらうことが有効です。

【職務経歴書を簡潔にまとめる方法】最新のトレンドを取り入れる

転職市場や職務経歴書のトレンドは常に変化しています。

最新のトレンドを取り入れることで、より効果的な職務経歴書を作成することができます。

例えば、デジタルスキルやリモートワーク経験が重視される現在の転職市場では、その点を強調することが重要です。また、SNSを活用し、自分の職務経歴をオンラインで公開することも有効です。

This image is a close-up shot of hands typing on a laptop in a modern office environment. The laptop screen displays a resume being edited. The background includes office furniture, plants, and a coffee cup, indicating a focused and organized workspace.

まとめ

職務経歴書を簡潔にまとめることは、転職活動において非常に重要です。具体的な書き方の例や重要なポイントを押さえることで、効果的に自分をアピールし、希望する企業への転職を成功させましょう。この記事を参考に、ぜひ職務経歴書をブラッシュアップしてみてください。

最後に、職務経歴書を作成する際には、自分の強みやスキルを最大限にアピールすることが大切です。転職活動は大変ですが、自分を信じて頑張りましょう。成功を祈っています!

また、1人で職務経歴書を作成するのが不安だという人は、キャリア支援サービス「しゃべりお」を使ってみるのはどうでしょうか?

しゃべりおでは国家資格を持ったキャリアコンサルタントと気軽に喋りながら、あなたの特徴、長所や短所、これまでの経験を引き出しながら、整理してもらえます。

そして、しゃべった内容を元に、あなたの魅力や実績が伝わる自己PR資料”ポートフォリオ”を作成してもらえます。自分では気づきにくい魅力や言語化しにくい価値観をプロの力で、伝わる資料が作成できます。

喋りながら、本音を見つめ直すと考えると、少し簡単に思えませんか?
キャリアのプロに相談してみることも一つの転職の成功のコツかもしれません。