仕事が決まらない人はどんな人?不安や焦りから脱出するためにやるべきこと

job-hunting-thumbnail

就職活動や、転職活動を始めたとしてもすぐに仕事が決まらないことがあると思います。就職活動をずっと続けることは、進路が決まらない不安もありますし、精神的にも大きなストレスを抱えることにもなります。

では、仕事が決まらない人にはどんな特徴があるのでしょうか?
この記事では、仕事が就職活動がうまくいかず、仕事が決まらない人に向けて、仕事が決まらない人の特徴や仕事が決まらない時の対処法について紹介していきます。

仕事が決まらない人はどんな人?

仕事がうまく決まらない人には、同じような特徴が見られます。この章では、仕事が決まらないという悩みを抱えている人の特徴について詳しく解説していきます。

・就職の軸や目標がはっきりしていない
・自己分析が甘い
・面接の対策をしっかりとしていない
・とにかく数多くの企業に応募している
・就職活動の期限を決めていない
・やる気や覇気を感じられない
・基本的なマナーや身だしなみが整っていない
・企業研究をしっかりとおこなえていない

就職の軸や目標がはっきりしていない

就職において、自分の中で「仕事」に対する軸ははっきりと決めておくべきです。なぜかというと、自分が仕事において何を大事にしているかがはっきりしていないと、仕事探しがうまくいかないからです。

仕事の軸は、お金だったり、人だったり、やりがいだったり人によって様々ですが、しっかりと軸を定めて、目標設定まで行いましょう。そうすることで、自分の志望する企業がはっきりして、より熱意を持った上で面接に挑むことができます。

自己分析が甘い

面接を何度も受けてるけど、いまいち仕事が決まらないという人は、もう一度自己分析をしてみることをお勧めします。自己分析が甘ければ、面接でうまく自己アピールをすることができません。喋れていたとしても、深く自分を理解している他の志望者の言葉には到底かないません。

自己分析をもう一度しっかりと行い、自分の強みや弱みをはっきりと理解して、志望先の企業にどう活かせるかをしっかりと考えてみましょう。

関連記事

「自己分析は就活生のするもの。大人になった今、自己分析なんてやる必要がない」なんて思っていませんか?自己分析は何歳になっても役に立ちます。大人になってからも自己分析を行うことで、自分と向き合って、やりたいことや、やりたくないこと、今[…]

self-analysis-thumbnail

面接の対策をしっかりとしていない

転職活動や、就職活動において面接は切っても切り離せません。そのため、面接対策を怠っていると仕事が決まらないのは当然のことです。実績や、スキルがあるとしても面接で相手に好印象を与えられなければ、人間性が低いと見なされ、仕事が決まらないという結果に繋がる可能性もあります。

面接では、志望者の熱意や、人間性、社会人としてのスキルなど様々なことを見られています。しっかりと対策して望まなければならないと思ってください。想定質問や、志望先の企業を調べるなど基礎的なことはしっかりと行いましょう。

関連記事

今日は大事な面接日。しかし、まさか面接当日に体調不良になってしまった!!大事な面接当日に体調不良で動けなかったら、せっかくの面接にも行くことができません。そんな時に大事なのは、マナーを守って適切な行動がとれるかどうかです。[…]

feeling-unwell-during-interview
関連記事

最近の就職活動のやり方は、時代の変化もあり昔と比べて大きく変わっています。その中で、とくに新しい採用試験の一つとして用いられているのがWeb面接です。Web面接は従来の対面で行われていた面接方法と違い、インターネット回線経由で行[…]

web-interview

とにかく数多くの企業に応募している

軸や目標がはっきりしていない人の多くに見られる特徴として、とにかくたくさんの数の企業に応募して数打ちゃ当たる作戦で就職活動を乗り切ろうとする人がいますが、これは明確な志望動機がないので、結局面接でバレてしまいます。

まずは、どこでもいいという考えを捨てて、「どの業界、どの会社で働きたいか」まではっきりと決めて応募するようにしましょう。

Frustrated, stressful and tired Asian business manager seated behind desk in office

就職活動の期限を決めていない

就職活動はいつ終わるかわかりません。期限を決めずに就職活動をしていれば、焦りやストレスも少ないので良いかもしれませんが、それでは仕事はなかなか決まりません。就職活動の期限を決めておかなければ、なかなかやる気が出ないことも事実です。

期限を決めることで、いつまでに何をやらなければいけないかがはっきりとしてきます。「○月までに内定をもらう」「内定を○月までに○社」もらうなど、目的を決めて緊張感をもって就職活動に取り組まなければなかなか仕事は決まらないでしょう。

やる気や覇気を感じられない

企業は面接で、企業が掲げるミッションを達成するために一緒に働く人材を探しています。そのため、この人となら一緒に頑張りたいと思えるような人材でなければ仕事は決まらないでしょう。

やる気を見せるためには、しっかりと面接対策をおこない、志望動機や自己PRをはっきりと喋れるようにしましょう。また、覇気を見せるためには姿勢や佇まい、顔立ちにも現れてきます。日頃から気をつけるようにしましょう。

基本的なマナーや身だしなみが整っていない

TPOに合わせたマナーや服装を心がけましょう。面接なのに、ラフでカジュアルな格好で挑めば、相手にどんな印象を持たれてしまうかをしっかりと考えて行動しましょう。
また、髪型や髭、爪の長さなど身だしなみは細部に気を配らなければなりません。

また、敬語の使い方などの言葉遣いなども間違いがないかもう一度見直していくこともいいでしょう。

関連記事

最近の若者は上手に敬語を使うことができない。社会人になって、そんな印象をもったり、もたれたりしたことはありませんか?実際に、文化庁が行った「国語に関する世論調査」では、「言葉や言葉の使い方について社会全般で課題があると思うか」と[…]

Honorific

企業研究をしっかりとおこなえていない

面接対策を行う上で必ずやるべきなのは、企業研究です。企業研究とは、自分の興味や関心のある企業について詳しく理解するために様々な角度から、その企業について調べることを言います。

企業研究がしっかりとできていなければ、仕事は決まりません。志望する会社はどんな社風で、どんな社員が活躍していて、どんなミッションを掲げているのかをわからないまま面接を受けにきた人間をあなたは採用したいと思いますか?

 

\\キャリアのプロに相談してみる//

 

Funny clueless dumb guy having troubles with his smartphone. Complicated technology concept

仕事が決まらない時は焦らないことが大切

転職活動や就職活動は、選考や相性によって仕事がなかなか決まらないこともあるので、思い通りに仕事が決まるとは限りません。

そこで焦ってしまうと、自分が安心するために自分に合わない企業や、自分の条件から妥協して下げた企業へ申し込んでしまう場合も考えられます。そのためには、仕事が決まらない場合でもまずは、焦らず自分のペースで仕事を探すことを意識することが大切です。

・自分の不安を明確にする
・自分の頑張っていることを褒める
・趣味や運動をしてリフレッシュをする
・デジタルデトックスをしてみる
・とにかく休んでみる

自分の不安を明確にする

まず、今自分がどんな気持ちで就活に挑んでいるのかをはっきりとさせましょう。そこから、不安や焦りを感じているのであれば、その不安と焦りはどこからきているのか分析してみましょう。

たとえば、仕事が決まらないと生活費がなくなってしまう、仕事が決まらないと永遠に無職なんじゃないかと思ってしまう、孤独を感じるなど様々なことが要因で不安や焦りの感情が発生していることがわかると思います。

そうすることで、自分の不安や焦りと向き合って何をするべきなのかがはっきりとするはずです。

自分の頑張っていることを褒める

就職活動や転職活動はうまくいくことばかりではありません。面接がうまく行ったと思っていても仕事が決まらなかったりするなど精神的に大変なことはたくさんあると思います。

しかし、面接や会社を受けようとするまでにたくさん準備をしてきたはずです。そのため、今回はダメだったとしても自分が頑張ったことを褒められるようにしましょう。小さな成功はたくさん転がっているはずです。

趣味や運動をしてリフレッシュをする

仕事が決まらない状況が続くと、なんとなくずっと落ち込んでしまうというようなことになりかねません。そんな時は、リフレッシュをするために一度就職活動からも離れて、思いっきり趣味や運動を楽しんでみましょう。

散歩やランニング、お昼の時間に太陽を浴びてみるだけでも、気持ちは明るくなるはずです。

関連記事

シャベリン今日はせっかくの休日…! どうせなら、遠くまで出かけて温泉に入ったり、思い切って海外に行って羽を伸ばしたりしたい!!という気持ちはあるものの、現実はお金がなくてそんなことをしている余裕も全くない……。[…]

inexpensive hobbies

デジタルデトックスをしてみる

心が落ち込んでいる時は、スマホからできるだけ離れることをお勧めします。
SNSでキラキラしている人の生活や、充実した生活を送っている同級生や友達の投稿を見てしまうと心にきてしまうかもしれません。

なので、できるだけSNSから離れる方がいいでしょう。

関連記事

デジタルデジタルデジタル…。最近は飲食店などでも子どもがスマホやタブレットで動画を見ていたり、ゲームをしているのを見かけます。そんな光景を見るたびに、時代は変わっていくなあ、私も着々と歳を重ねているなあと感じてしまいます(笑)[…]

web-writer-sns-past-thumbnail

とにかく休んでみる

仕事が決まらなくてつらい時は、一度とにかく休んでみることも大切です。

体調が優れていないまま就職活動を行なってもうまくいかないことがあります。企業選びに失敗してしまうと結果的に苦しんでしまうのは自分です。できるだけ万全の状態で就職活動に挑みましょう。

Businessman tiring and sleeping on his laptop in outdoor scene - overworked concept

仕事が決まらない人は誰かに相談してみる!

仕事が決まらないという人は、一度誰かに相談してみてはいかがでしょうか。

客観的な意見を取り入れることで自分に足りなかったことや改善するべきことがわかってくるかもしれません。

キャリア支援サービス「しゃべりお」を使ってみるのはどうでしょうか?

しゃべりおでは国家資格を持ったキャリアコンサルタントと気軽に喋りながら、自分の将来のキャリアプランを設計したり、自分の強みや弱みを整理しながら自分に合った職業選びをサポートしてくれます。自分では、気が付きにくい魅力や、言語化しにくい価値観をプロの力を借りて発見しましょう。

また、しゃべりおでプロと喋った後は、自分だけのポートフォリオも作成してもらえます。迷ったときはキャリアのプロの相談してみるのもいいかもしれません。

 

\\キャリアのプロに相談してみる//