人事評価が高い人の特徴とは?意外と見落としがちな評価を高めるために大切なこと

personnel-assessment

人事評価は、会社によっても違いますが、1年ごと、半期ごと、四半期ごとと決まっており、その期間における社員の会社への貢献度や、業務の達成度合い、本人の能力などを、組織が決めた社内共通の評価システムによって社員を評価する制度のことです。
その際に人事評価が高い人は、昇進・昇格、配置・移動、昇給などの対象になります。

そのため、会社内で適切に人事評価が行われているかどうかは、社員のモチベーションにも関わる大切なことです。
では、人事評価の高い人にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

なぜ人事評価が必要なのか?

「人事評価」という言葉は、多くの組織や企業で日常的に使用されていますが、その具体的な意味や重要性を改めて考えてみましょう。

人事評価とは、従業員のパフォーマンスや成果を評価するプロセスのことです。そして、組織が従業員の貢献度や能力を測定し、適切なフィードバックや報酬を提供するための手段でもあります。ただし、その人事評価の影響は個人のキャリアや組織の成果にも及びます。

また、人事評価のプロセスには様々な要素が組み込まれています。
目標の設定やパフォーマンスの監視、フィードバックの提供、そして最終的な評価結果の共有などが含まれます。従業員は、自己評価を行い、上司とのコミュニケーションを通じて自身の成果や成長について話し合います。

人事評価は、組織にとって効果的な人材管理やパフォーマンスの向上、従業員のモチベーションとエンゲージメントの促進に繋がります。また、従業員は自身のパフォーマンスを評価されることで、自己成長の機会を得ることができます。組織は優れたパフォーマンスを発揮する従業員を評価し、報酬やキャリアの機会を提供することで、優秀な人材を引き留めることができます。

つまり、人事評価は組織と従業員にとって有意義なシステムとなっています。

human resources evaluation

人事評価のフローとは?

人事評価は一般的に以下のような流れに沿って行われます。
ただし、組織や企業によって具体的な人事評価のプロセスは異なる場合があります。

 

人事評価フロー①目標設定

評価期間の初めに、上司と従業員が共同で個人の目標を設定します。これには、業績目標、スキル向上目標、プロジェクト目標などが含まれます。
目標設定時には、具体的かつ測定可能な目標を設定することが重要です。目標が曖昧であったり、達成可能性が低い目標を設定すると人事評価が困難になる可能性があります。

 

人事評価フロー②パフォーマンスの監視

評価期間中、上司は従業員のパフォーマンスを監視し、進捗や成果、行動の評価を行います。一定の間隔でフィードバックや進捗報告が行われることが一般的です。
フィードバックは定期的に行い、従業員の成長をサポートすることが重要です。上司は進捗や成果を的確に評価し、適切なフィードバックを提供する必要があります。

 

人事評価フロー③自己評価

従業員は自己評価を行い、自身のパフォーマンスや成果を振り返ります。これにより、自己の強みや成長領域を把握し、将来の目標設定に活かします。また、自己評価では客観的に自身のパフォーマンスを振り返りましょう。自身の強みや成果を正直に評価し、改善が必要な点を見つけることが重要です。自己評価は客観性を保つために、具体的な事実やデータを元に行いましょう。

 

人事評価フロー④パフォーマンス評価

評価期間の終わりに、上司は従業員のパフォーマンスを総合的に評価します。
これには、目標の達成度、スキルや能力の発揮、チームへの貢献などが考慮されます。

 

人事評価フロー⑤フィードバックと評価結果の共有

上司は評価結果を従業員と共有し、フィードバックを提供します。
良い点や改善点を具体的に指摘し、成長につながるアドバイスやキャリアプランについて話し合います。

 

また、人事評価のプロセス全体で透明性と一貫性を保つことも重要です。評価基準や評価方法が明確であり、従業員にとって公正な評価が行われることが求められます。
従業員は評価基準を理解し、自身のパフォーマンスを評価するための情報にアクセスできるようにすることが重要です。
従業員が自身の評価結果に納得し、成長の機会として捉えられるようにすることで、モチベーションやエンゲージメントの向上にも繋がるでしょう。

Unrecognizable university students taking notes while sitting in the classroom together.

人事評価に納得してる人はどれくらい?

人事評価に関する満足度は、組織や個々の従業員によって異なります。一部の従業員は評価プロセスや結果に満足している一方で、他の人は改善の余地があると感じているかもしれません。また、組織の文化や評価の透明性、フィードバックの質なども満足度に影響を与える要素となります。

2018年にアデコグループがインターネット上で約1,500人に対して行った『「人事評価制度」に関する意識調査』では、自身が勤めている会社の人事評価制度に不満があると回答した人は全体の62.3%でした。

不満を感じる理由として上位3つにあげられたのが、「評価基準が不明確」、「評価者の価値観や業務経験によって評価にばらつきだ出て不公平だと感じる」、「評価者のフィードバック、説明が不十分、もしくはそれらの仕組みがない」でした。

はっきりと申し上げると、全ての人が納得するような人事評価は存在しないのかもしれません。
結局、人が間に介在することによって、感情や好き嫌いが評価に全く反映されないことはないと思います。
そして、人間によって判断基準が全く異なるので、評価基準にばらつきが出てしまうことも仕方のないことなのかもしれません。

 

人事評価が高い人の特徴

では、人事評価が高い人は一体どんな人なのでしょうか。
一般的に人事評価が高いと言われる人の特徴をあげてみましょう。

人事評価の高い人の特徴① 反応が早い人

人事評価が高い人の特徴の一つに、反応が早いことがあります。

反応というのは、メールの返事や、期限がある提出物や、上司への連絡などを迅速に遂行することです。
反応が早いと、相手側も返事を待つ時間が必要なく不安を与えないことに繋がったり、業務をスムーズに進めることができたり、もしトラブルがあった際に、早めに対応できることにも繋がります。反応が早い人は相手からの信頼を勝ち取ることができます。

 

人事評価の高い人の特徴②コミュニケーション能力の高い人

人事評価が高い人の多くは、コミュニケーション能力が高い人が多いです。
コミュニケーションスキルはビジネスマンに欠かせない能力の一つです。

コミュニケーションスキルが高ければ、スムーズに意思疎通ができたり、業務でも高い成果を上げやすいです。コミュニケーション能力とは一概に会話の能力が高いことだけをいいません。
場の空気を読んだり、相手が求めているものを瞬時に判断できる人、仕事での「報・連・相」を適切に行えることです。

 

人事評価の高い人の特徴③ 優先順位をつけられる人

人事評価の高い人は、やるべきことに対して適切な優先順位をつけることができます。
仕事のできる人はいろんな人から多くの仕事や相談を持ちかけられます。
しかし、時間は有限ですし、職種や役職によっては、なんの仕事を優先すべきか変わってきます。

時には、業務過多になると判断する場合は「できない」と断ったり、自分で全てを任されるのではなく、効率よく周りに助けを求めながら仕事を進めていきます。
やらない仕事をしっかりと決めておくことで、本当に集中すべきことに注力し仕事に対して結果を残すことができます。

 

人事評価の高い人の特徴④ 人柄が良い人

ビジネスにおいては仕事ができるという能力以外にも人間性が高いということも人事評価の高さに繋がります。
例えば、常に誰に対しても謙虚な姿勢を忘れず、感謝の気持ちを持っている人は、いざという時に自分を助けてくれる味方を増やすことができたり、組織全体に対して良い影響を与える傾向にあります。

また、人の話やアドバイスを素直に聞くことのできる人間は、吸収もはやくスキルが向上するスピードも早いです。

素直にアドバイスを聞ける人間は上司や先輩も面倒をみてくれるので更なる相乗効果が期待できます。

 

人事評価の高い人の特徴⑤ 自分を内省できている人

自分自身でも仕事に対する評価を行い、自分の能力についてしっかりと反省できる人は人事評価が高いです。
どんな人でも、仕事でうまくいかないことはあると思いますが、人事評価が高い人の場合はしっかりとその失敗と向き合い、解決への道を模索していきます。

改めるべき点やこれから学んでいくことを発見したら、それらを次に生かす努力をします。これを何度も繰り返すことによって、自分自身の行動も変わっていきます。また、自己評価を行うことによって、自己評価と人事評価にどれだけずれているかを客観的に意識することもできます。

 

以上の、この章をみて気がついたことはありませんか?
先ほどの章で述べたように、人事評価に答えはありません。全ての人が納得のいく人事評価がないということは人事評価に正解はないということだからです。

しかし、この章であげた人事評価の高い人の特徴には共通することがあります。
それは、人事評価という考えを抜きにしても、会社や上司、同僚から信頼される人間ということです。
つまり、人事評価に明確な答えはありませんが、このように仕事において信頼を置かれるようなスキルを平均以上に持っている人は人事評価が高い人である傾向が強いです。

Podium composed by wooden blocks

人事評価を高めるためにやるべきこと

人事評価は、キャリアや給与の面での成果を評価する上で重要な指標です。高い評価を得るためには、自身の能力や貢献を的確に示し、組織の成果に貢献する必要があります。

以下に、人事評価を高めるために取り組むべきポイントを紹介します。

 

人事評価のためにやるべきこと①目標を明確に設定し、成果を出す

まず、目標の明確化と成果の追求が不可欠です。
自分に課せられた目標やプロジェクトの重要性を理解し、具体的で測定可能な目標を設定しましょう。

そして、目標達成までの期限を守り、効果的なタスク管理を行いながら、高品質な成果を提供し、目標の達成に積極的に貢献しましょう。

 

人事評価のためにやるべきこと②自己啓発と専門知識の向上

次に、自己啓発と専門知識の向上が求められます。
自身の専門分野や職務に関する知識を継続的に学び、成長し続けることが重要です。
トレーニングやセミナーに参加し、新しいスキルや技術を習得することで、自己の価値を高めることができます。
また、メンターからのアドバイスやフィードバックを受け入れ、改善を重ねることも忘れないでください。

 

人事評価のためにやるべきこと③チームプレイと協力性の発揮

チームプレイと協力性も人事評価において重要な要素です。
チームの一員として積極的に参加し、他のメンバーと協力して目標達成に取り組みましょう。

効果的なコミュニケーションを重視し、意見や情報を共有することで、チームの効果を高めることができます。
自身の貢献や他のメンバーのサポートを通じて、チームの成功に寄与することを心がけましょう。

 

人事評価のためにやるべきこと④リーダーシップと影響力の発揮

また、リーダーシップと影響力の発揮も重要です。
リーダーシップの役割を果たし、他のメンバーを指導・サポートすることで組織やチームにポジティブな影響を与えることが求められます。
問題解決や意思決定において主導権を持ち、組織やプロジェクトの改善に積極的に貢献しましょう。
自信を持ちながら他の人々を奮い立たせ、共通の目標に向かって進むことが求められます。

 

人事評価のためにやるべきこと⑤コミュニケーションと関係構築の重要性

コミュニケーションと関係構築のスキルも高評価を受ける要素です。
クリアで効果的なコミュニケーションを心がけ、他の人々と円滑なコミュニケーションを築きましょう。
フィードバックを受け入れ、成長のために積極的に行動する姿勢も重要です。
同僚や上司との信頼関係を構築し、協力関係を築くことで、より良い成果を生み出すことができます。

 

人事評価のためにやるべきこと⑥問題解決の柔軟性と創造性の発揮

また、問題解決の柔軟性と創造性の発揮も評価を高める要素となります。
困難な状況や課題に直面した際に、柔軟な発想や創造性を活かして解決策を見つけましょう。
新しいアイデアや提案を積極的に出し、組織やプロジェクトの改善に貢献することで、評価を向上させることができます。
失敗や挫折を恐れずに挑戦し、学びと成長の機会と捉えましょう。

 

人事評価のためにやるべきこと⑦自己管理と時間管理のスキル

さらに、自己管理と時間管理のスキルも重要です。
自己管理能力を高め、タスクの優先順位を正確に判断し、時間を効果的に活用しましょう。

ストレスを軽減するための適切なリラックス方法や健康習慣を取り入れることも大切です。デッドラインに対して責任を持ち、タスクを遅延せずに完了させることで、信頼と評価を築くことができます。

 

人事評価のためにやるべきこと⑧成果と貢献の可視化

最後に、自身の成果と貢献を可視化することも重要です。

定期的な進捗報告や実績の共有を行い、自身の成果やプロジェクトの成功事例を適切な機会で共有しましょう。
自己評価の機会を活用し、自身の強みや成長領域を客観的に把握することも重要です。

chairs

まとめ

今回この記事では、人事評価の高い人についてまとめてきました。

人事評価の高い人のほとんどは、会社組織だけではなく社会や学校でも評価されてきた人たちの特徴でもあります。
会社だからといって、特別必要な能力はほとんどありません。
結局、人と人が集まって社会を作り、形成された組織なので、社会で役に立てる人は、会社でも役に立てるのでしょう。

人事の中の究極の質問として、「仕事の能力はあるけど人間性がない人」と「人間性はあるけど仕事の能力がない人」のどちらを採用するかというものがあります。
もちろん、人事や会社によってばらつきはありますが、多くの人は「人間性はあるけど、仕事の能力がない人」を採用するといいます。
それは、人間性より、仕事の能力を伸ばす方が簡単だからです。それほど、多くの人は人間性をみています。

人間はなかなか変わらない生き物ですが、変わろうと意識するだけでも少しずつですが変わることはできます。変わりたいと思う人は今、この瞬間から意識をしてみましょう。

また、ポートフォリオ作成サービス【しゃべりお】を使えば、キャリアコンサルタントにしゃべるだけであなたの特徴、長所や短所、これまでの経験を引き出し、整理してくれます。
しゃべった内容を元に、あなたの魅力や実績が伝わる自己PR資料”ポートフォリオ”を作成し、自分では気づきにくい魅力や言語化しにくい価値観をプロの力で可視化できます。
自分の働き方が「人事評価の高い人」に当てはまるのかどうか、第三者の視点からも評価してもらってみてはいかがでしょうか?

   

しゃべりおリンクバナー投稿記事内用

NO IMAGE

What's ”shabellbase”?

自分らしさは探すものじゃない、育むものだ。
明るい社会と未来のために、だれもが必ず持っている、“あなたらしさの種“を育てるヒントを提供するのがshabellのバリュー。
shabellbaseは、自分らしく生きる人の軌跡や考え方を綴った、キャリア、ライフスタイル、価値観にフォーカスし、“生き方図書館“ を目指すウェブメディアです。

CTR IMG
contact
us
LINE facebook