【プロサッカー選手】槙野智章さんが語る、夢を叶えるための一歩とは

スーツ姿の槙野智章選手

今回取材を行ったのは、shabellイメージキャラクターを務めていただいているプロサッカー選手の槙野智章さん。
ご自身のこれまでと今後のキャリアについて、そしてshabellについてお話をしていただきました。

サッカーを始められたのは「行動力」があったから

ーまずは、現在のキャリアについてお聞かせください。サッカー選手になりたいとはっきり決意したきっかけは何だったんですか?

槙野智章さん:僕が7歳の時にJリーグが開幕したんです。僕の地元である広島にもJリーグのクラブができて、サッカーの試合をスタジアムに初めて見に行ったのがきっかけですね。スタンドから見るサッカーの試合、ピッチでプレーしている選手たちを見て、将来僕もピッチで活躍するプロサッカー選手になりたいなと、その時思いました。

 

ー試合を見に行った時、すでにサッカーはしていたんですか?

槙野智章さん:いえ、その時はまだサッカーを始めてはいなかったんです。だから、初めて見たJリーグの試合は、サッカーを始めたきっかけでもあるんですよね。そこでサッカーをいざ始めようと思ったんですけど、僕が通っていた小学校のサッカークラブは、小学校4年生からという年齢制限があったので、当時まだ小学校1年生だった僕は受け入れてもらえなかったんです。で、僕が住んでいた町の、隣町の小学校まで歩いて行ったんです、漫画のような話ですけど(笑)

そして、「隣町の〇〇小学校の槙野と申します、このサッカークラブに入れてください!」って大声で言いました。そのサッカーのクラブの監督さんには、「なんだこいつ?」って思われたと思うんですけど、「じゃあ、とりあえずビブス着て練習に参加していいよ」って言ってくださって。そこからスタートしましたね。

 

ー初めてのサッカーの練習はどうでしたか?

槙野智章さん:自分がこの中で1番上手いと思いましたね(笑)。

 

ー当時から行動力が凄かったんですね。

槙野智章さん:今思うとそうですね。今の学生とか小さい子どもたちをみても、小学生の頃の自分の行動って普通じゃなかったなと思います。

スタジアムで試合を見た後、親に「サッカーをやりたい」って言ったんですけど、「やりたいなら自分でやりなさい」って言われたんです。当時の僕は、Jリーグの試合を見た衝撃のまま、今すぐにサッカークラブに入りたい、サッカーを習いたいって強く思ったので、その思いからそのまま行動力に移せたんだと思います。

キャリアでの選択は「常に自分がやりたいこと」

スーツ姿の槙野智章選手
ーサッカーのキャリアの中で、1番悩んだのはどんな時ですか?

槙野智章さん:中学校3年生の2学期から親元を離れてクラブチームに入団したんですけど、そのタイミングが自分にとって1番大きな分岐点だったと思います。プロサッカー選手になりたいという夢を追いかけて、クラブチームの寮に入ることを決意しました。学校や地元、親元を離れて、誰も知らない土地に行ってサッカーをするという選択が、「絶対にプロサッカー選手になるんだ」という決意の現れだったと思っています。

 

ー誰かに相談したりはしたんですか?

槙野智章さん:もちろん、親には相談しました。その時、親は「自分がやりたいこととか、好きなことだったらいいんじゃない?」と言ってくれたんです。そうやって背中を押してくれたので、じゃあ次に家に帰ってくるときはプロサッカー選手になって帰ってくる、と宣言して家を出ました。

 

ーやはり悩んだ時は誰かに相談をするんですか?

槙野智章さん:若い時は誰かに相談する、と言うことはあまりなかったですね。自分の中で悩む、と言うことがそもそもなかったような気がします。

 

-では、逆に相談されるということはあったんですか?

槙野智章さん:中学生や高校生の頃は、周りがみんな親元を離れてサッカーをしにきている同年代の選手ばかりだったので、そういった人たちからは相談を受けていました。今思うと、結構いろんな人の相談に乗っていましたね。

僕は、考えを口に出したり、すぐに行動に移したりしていたので、なんでそんな風に行動できるの?という感じで相談されることが多かったです。その当時によく相談されたのは、やっぱり「プロになれるかな?」とか、「家に帰りたい」「遊びたい」っていうような相談が多かったですね、中学生や高校生ですから。

 

ーこのキャリアを進んでよかったと思う瞬間はどんな時ですか?

槙野智章さん:僕はサッカーをやり始めたときに絶対プロサッカー選手になるって決めていたし、絶対になれると思っていたんですよ。だから、プロサッカー選手という職業についていることにはなるんですけど、今でも仕事しているって感覚はないんです。少年のまま大きくなって、今でもサッカーしているので、このキャリアを選んで良かったというよりは、「僕にはサッカーしかなかった」って感じですね。あの時こうしておけば良かったな、っていう後悔もないです。

白いTシャツを着た槙野智章選手

次のキャリアは育てる側

ーサッカー選手としてのキャリアの後は、どんな風に考えているんですか?

槙野智章さん:今、僕は34歳なんですけど、もう年齢的にもサッカー選手としてはベテランの域になってきているので、次というものに対する意識はかなり向いています。今までサッカー選手をしてきた中で、プロサッカーチームの監督をしたいという思いはあります。

 

ーそう思うきっかけはなんだったんですか?

槙野智章さん:今まで色々なサッカー指導者を見てきて、「日本でこういう指導者はいないな」とか、海外の指導者を見ても、「こういう指導者が日本にいたら、日本のサッカーはもっと盛り上がるな」と思うことがあります。そんな時に、プレーヤーとしてのキャリアを終えた時に、今度は自分がプレーヤーを育てる側に回りたいと思ったのがきっかけですね。

 

ー目指す指導者像というものはありますか?

槙野智章さん:あの監督を見にいきたい」って思ってもらえるような監督になりたいですね。普通、ファンやサポーターの方達は、応援するクラブや選手を見るために、サッカーの試合を見に行くと思うんですけど、「あの監督の戦術を見にいきたい」とか、「あの監督の試合中のジェスチャーやリアクションを見たい」「あの監督がチームを采配する手腕を見てみたい」と思ってもらえるような監督になりたいと思っています。

 

実は〇〇にも興味あり?

ーサッカー以外でも何か関わりたい、と思うジャンルはあるんですか?

槙野智章さん:実は、今すごく興味を持っているのが「お茶」なんです。僕は食べることが大好きなんですよね。食事の時は、お酒を飲む人も結構いると思うんですけど、僕はサッカー選手なのでお酒を飲むタイミングだったり機会があまりなくて。お酒を飲めないわけじゃないんですけどね。それで、お酒を飲めないタイミングで色々なご飯屋さんに行って、食事と一緒にお茶を出された時にお茶についてのお話を聞くことがあって、「あ、お茶ってすごく奥深いんだな」っていうことを知ったんです。知り合いのワインソムリエの方にも、「槙野さん、お茶について勉強したらいいんじゃないですか?」っていう風に言われて。

「確かに、最近はお酒飲めない人も増えてるし、僕みたいなアスリートにとっても、お茶をもっと広げることができればもっと食事を楽しめる人が増えるんじゃないか」と思って、すごく興味を持っていますね。

 

ーお茶を栽培するところから興味をお持ちなんですか?

槙野智章さん:そうです。お茶を栽培して、実際に製品にするところまで、お茶に関する全てのプロセスに興味を持っています。知れることはどんどん知りたいと思っています。

ゆくゆくは、お茶のブランドを作ってみたいですね。実は、ワインを出しているアスリートって結構多いんですよ。自分でワイン畑に行って、ワインをプロデュースしている選手だったり、ワインのラベルも自分で作っている選手って多いんです。でも、ジャンルとして「お茶」っていうところについて何かプロデュースしているアスリートは僕の知る限りはまだいないので、ある意味その部分にも興味を惹かれました。今は、ご飯屋さんに行った時に出してくれたお茶のラベルを写真に撮ったりして勉強しています。ワインとかお酒が好きな人って、生産地とか色々な情報が載っているので、ラベルを写真に撮ることが多いんですよ。そこから、これってどこの産地のお茶なんですか?とか、お店の方と話したりしますね。

自宅でもよくお茶を飲むんですけど、最近僕が好きなのは、りんごジュースとお茶を炭酸で割ったものが好きです。おすすめですよ!(笑)

 

shabellにはチャンスがたくさん転がっている

ーご自身がイメージキャラクターを務めるshabellについてお伺いしたいと思います。shabellというサービスを最初に知った時の印象はどんなものでしたか?

槙野智章さん:ただただ、羨ましい!と思いましたね。なりたい職業に就いている人だったり、その道のプロに話を聞けるっていうのは、キャリアについて悩んでいる人にとっては、誰もが聞きたい、求めているものだったじゃないですか。僕だったら、プロサッカー選手になるという夢に対して悩んでいた時にもしshabellに出会っていたら、飛びついていたと思いますね。色々な人に話を聞けるということは、自分に生かせるチャンスが転がっているということだと思うんです。だから、キャリアについて考えたり、悩んだりしている子達には積極的に活用していってほしいと思いますね。

 

ーshabellのサービスにはどんなことを期待していますか?

槙野智章さん:キャリアについて考えている学生が、なりたい職業について話を聞くっていうのはもちろんなんですけど、色々な職業に携わる人たちがたくさんいるので、知らないジャンルの職業の人に話を聞くのもありだと思います。

例えば、僕はお茶に興味を持っているので、お茶農家の方だったり、製造に関わっている人に話を聞いてみる、みたいな感じで。学生だけじゃなくて、プロがプロに話を聞くって言うのもありだと思います。異業種間交流のような使い方も面白いんじゃないですかね。僕は興味しかないです(笑)

 

ーもし槙野さんがshabellを利用するとしたら、どんな方に話を聞きたいですか?

槙野智章さん:舞台俳優ですね!僕はプロサッカー選手になりましたけど、今までサッカーしかやってきませんでした。東京に出てきてからできた趣味が舞台を見に行くことなんですけど、色々な劇団の女優さん、俳優さん達、舞台に立ってる方々に、どうやって舞台俳優という職業にたどり着いたのかとか、なぜ舞台俳優を目指したのかとか、めちゃめちゃ聞きたいです。なんでテレビじゃなくて舞台なの?とかね。

 

ー最後に、shabellの利用者に対してメッセージをお願いします!

槙野智章さん:やっぱり、なりたいものや今後のキャリアについて悩んでいる方は、積極的にサービスを活用して、色々な人に色々な話を聞くのがいいと思います。実際に話を聞くことで、なりたい職業に対する考え方が変わったり、今まではなかった視野が広がったりすることがあると思うので、とにかく積極的に行動に移して行ってほしいと思います!

***

今回は、海外経験や日本代表経験を持つプロサッカー選手の槙野智章さんにお話を伺いました。
「自分にはサッカーしかなかった」と、幼い頃から自分の夢に突き進んで、夢を叶えた槙野さん。「自分がやりたいと思ったことは行動に移す」という姿勢が、とても重要であることを教えてくださいました。

現在のキャリアを進みながらも、さまざまなことに興味を持って好奇心旺盛に何にでも挑戦している姿をみて、キャリアを心から楽しんでいるように感じました。

槙野さんがおっしゃったように、shabellにはたくさんのチャンスが転がっています。目標に向かって進んでいる人も、今から目標を決めて頑張りたいと思っている人も、shabellを使って夢を叶える第一歩を踏み出してみませんか?

槙野智章さん
まきの ともあき|サッカー選手


1987年生まれ。広島県出身。2006年にユースからサンフレッチェ広島に昇格。2010年から欧州に渡りFCケルンで2年プレー。2012年から浦和レッズに移籍し数々のタイトル獲得に貢献。DFとしてゴール前で熱く身体を張って戦うプレースタイルや、持ち前の明るさとムードメーカーな性格は老若男女多くのサポーターから支持されている。

記事を掲載した日

2021/11/04

スキ! (記事が気に入ったらハート)
読み込み中...
NO IMAGE

What's ”shabellbase”?

自分らしさは探すものじゃない、育むものだ。
明るい社会と未来のために、だれもが必ず持っている、“あなたらしさの種“を育てるヒントを提供するのがshabellのバリュー。 shabellbaseは、自分らしく生きる人の軌跡や考え方を綴った、キャリア、ライフスタイル、価値観にフォーカスし、“生き方図書館“を目指すウェブメディアです。
shabellアプリは、 なりたい職業や選択したい生き方への不安や悩みを、その職に就いているプロフェッショナル人材に直接相談できる、“生きた教科書“を目指すアプリです。

CTR IMG