給与を上げるための9つの方法や転職と給与の関係性

raise_salary_thumbnail

「自分の給与をもっと上げたい」
「年収をもっと上げるためには何をしたらいい?」

仕事をする上で、「やりがい、人、お金」など様々なものが仕事を続ける上での要因となってきます。もちろん仕事は「お金」が全てではありませんが、現実的にはお金がないと生きていくことはできません。

この記事では、給与を上げるための方法や、給与が上がる人の特徴などを紹介していきます。
また、一般的に給与を上げるために転職をする人もいますが、給与と転職の関係性についても詳しく解説していきます。

給与を上げるための9つの方法

給与を上げるためには、具体的に何をすればいいのでしょうか?
まずは、給与を上げるために必要な9つの方法を紹介します。

①社内で昇進をする
②上司や会社に相談してみる
③副業を始めてみる
④投資をする
⑤転職してみる
⑥残業を増やしてみる
⑦仕事で必要なスキルや資格を身につける
⑧自分で会社を立ち上げる
⑨給与が高い部署に異動する

給与を上げる方法①:社内で昇進をする

年収を上げるために、一番身近なことで考えると今勤めている会社内で昇進を考えてみることは一般的なことかもしれません。

会社の中で昇進することが出来れば、ほとんどの場合年収は上がります。また、管理職などの役職がつけば役職手当などももらえます。しかし、社内で昇進や昇給をしようと心に決めても、短期的に達成できる目標ではありません。半年から1年以上の時間をみたほうがいいかもしれません。そのため、短期的に給与を上げることは難しいと考えた方がいいです。また、会社によっては勤続年数が長くなればなるほど給与が上がっていくというケースもあります。

また、もともとの会社の給与水準が低い場合は、状況に応じて転職なども視野に入れておいた方がいいかもしれません。

給与を上げる方法②:上司や会社に相談してみる

上司や会社に相談してみるのも、給与を上げる方法の一つです。給与を上げる相談をするためには、自分がなぜその給与に相応しいのかという根拠を提示できれば効果的です。

給与を上げる相談をするためには、事前の準備がとても大切です。例えば、業界の給与水準を調べて、相場よりも自分の会社や自分がもらっている給与が低い場合は、社内の人事制度や昇給の条件を調べて、条件を満たしているのか確認してみましょう。

ただ単純に上司に給与を上げてほしいとお願いするのではなく、自分がどれくらい会社に貢献しているのか、どのように会社に対して会社に貢献できているのかを具体的に提案してみましょう。具体的にどのくらいの給与額を貰いたいのかを提示することも大切です。

給与を上げる方法③:副業を始めてみる

給与を上げるためには、会社からもらえる給与以外にも、他に稼ぐ方法を見つけるのも給与を上げる一つの方法です。

本職と一緒に並行してできる副業であれば、月に数万円を稼ぐことはそんなに難しいことではありません。本職が忙しすぎず、自分のプライベートの時間が多いのであれば副業を考えてみるのも一つの手です。

また、副業は自由度が高く自分に合った仕事を探せることができます。在宅でできる仕事だと、通勤や退勤にかかる時間もないので、取り組みやすい副業かもしれません。ブログなどを始めてアフィリエイトやブログなどで広告収入を得ている人もいます。

給与を上げる方法④:投資をする

投資を行うのも、給与を上げるのに有効な方法です。投資の大きな魅力は、労働という方法以外で収入を得られることです。

投資は、株式投資や不動産投資など大きな額がかかるものから、スマートフォンでできるような少額で行える投資もあります。もちろんリスクとして、投資した額が減少してしまうリスクはありますが、大きな手間をかけることなく収入を増やせる可能性もあります。

投資という考えには、自分に対しても行うことができます。もし、投資をできるような余裕がない場合はまずは自分のスキルアップや勉強などの投資にお金を使って元本を増やしましょう。

給与を上げる方法⑤:転職してみる

転職は、給与を上げるために堅実な手段と言えます。転職する際に、給与水準が高い業界や会社を選ぶことができれば、給与を簡単に、より効率的に上げることができます。

給与水準は業界や企業の規模によって大きく変わります。そのため、同じ業界でも会社を変えて転職するだけで大きく給与を上げることができます。

自分のスキルや能力を客観的に分析して、転職も視野に入れてみるのもいいかもしれません。

Payroll bag. Sticky note with the word "UP" on it. Translation: salary.

関連記事

会社を辞めると言うことは、人生において大きな選択になります。なので、退職したいと思っていても、実際には本当に辞めるべきなのか、退職理由をどうやって伝えたらいいのか、言いたくないと悩んでいる人もいると思います。退職理由は人それ[…]

給与を上げる方法⑥:残業を増やしてみる

単純に給与を上げる方法として労働時間を増やしてみるのも一つの手です。残業を増やすのも簡単な方法です。残業時間中の報酬は割増になるので、給与が高くなるのも魅力の一つです。

ただし、みなし残業として、残業をしても給与が増えない場合や、残業代がきちんと支払われない場合はこの方法は使えません。また、残業を増やしてしまうデメリットとして、多ければ人事評価に影響して、昇進が遠のいてしまう可能性があります。

目先のお金を優先して、未来のお金を手放してしまうのはリスクがあります。

給与を上げる方法⑦:仕事で必要なスキルや資格を身につける

仕事で必要なスキルや資格を身につけるのは、給与を上げる堅実な方法です。会社によっては指定の資格を取得すれば、資格手当をもらえることがあります。また、仕事においても昇進や、海外出張などのチャンスが増えて給与が上がることが考えられます。

また、資格やスキルを身につけることによって社内や顧客などからの信用獲得にも繋がります。しかし、給与を上げる方法として長期的な目で見る必要があります。

給与を上げる方法⑧:自分で会社を立ち上げる

独立してフリーランスになったり、起業して働き方を変えるというのも一つの方法ではあります。成功した場合のリターンはとても大きいですが、失敗した場合は大きなリスクが伴うことを忘れないでください。

また、独立してやっていくには会社員として働く以外にも必要なスキルや能力があります。営業力や、発想力、人脈以外にも、体力や時間なども必要になります。

いきなり会社員を辞めるというを決断するのではなくて、まずは副業として始めてみて、一本でやっていけると見通しがつけば、起業してみてもいいかもしれません。

給与を上げる方法⑨:給与が高い部署に異動する

社内の中で給与が高い部署に異動をするというのも給与を上げるのに有効な方法です。

ほとんどの場合、給与や業務量は部署によって大きく違います。今の仕事と給与に満足してない場合は思い切って社内異動をしてみてもいいかもしれません。

会社の異動制度は様々なので、自分で確認して、できそうであれば検討してみてもいいかもしれません。

Portrait of happy young successful businesswoman celebrate something with arms up. Happy woman sit at office and look at Computer/ laptop. Positive emotion. Big deal, promotion, lottery win or discount concept

給与が上がる人の特徴

給与を上げる方法はわかりました。
では、給与が上がる人に多い特徴はなんでしょうか?

①努力を惜しまない
②仕事に対して妥協していない
③コミュニケーション能力が高い
④問題の発見、解決能力が高い
⑤管理能力が高い

給与が上がる人の特徴①:努力を惜しまない

給与を上げることができる人の特徴に「努力を惜しまない」ということがあります。

仕事で使えるスキルを成長させるために、新たな資格を取るためにセミナーに通ったり、通信教育で常に勉強している人もいます。その結果、他の社員よりも早く昇進したりすることにつながり、結果的に給与が上がることにつながります。

給与が上がる人の特徴②:仕事に対して妥協していない

給与が上がりやすい人の中には、「仕事に対して一切の妥協をしない」人が多いです。

例えば、任された仕事に対して、一生懸命に取り組み、その上で業務をスムーズにするためにプラスアルファの仕事をしている人が多いです。他にも、誰も行っていない仕事や、人が嫌がる仕事を率先してやることが大切です。

仕事に対して妥協しないことによって、会社への貢献度が高いと思われます。その結果、会社から高い評価を得ることができ、年収が上がることにつながります。

給与が上がる人の特徴③:コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い人は、給与が上がりやすいと考えられています。

実際に、コミュニケーションを上司や同僚と行っている人は、信頼を得やすく、会社からの高評価にもつながります。報・連・相を常に意識しましょう。

関連記事

仕事やプライベートを円滑に楽しむために必要な能力として「コミュニケーション能力」が挙げられることがあります。ビジネスシーンでは、コミュニケーション能力が高い人、低い人というので人物評価や印象が変わることもあります。特に、営業職や接客業な[…]

communication-ability

給与が上がる人の特徴④:問題の発見、解決能力が高い

仕事においては、問題の発見能力や、見つかった問題に対しての解決能力が高い人が評価されます。日々の仕事の中では、常に様々な問題が潜んでいます。

問題を発見するためには、現状を分析する必要があり、問題を解決し成果を上げるためには、何をすべきなのかを把握する必要があります。

給与が上がる人の特徴⑤:管理能力が高い

給与が上がる人の特徴において、管理能力が高いことが挙げられます。管理能力は特に、管理職など上に立つ人間が必ず必要なスキルとも言えます。

管理能力が高い人間がいれば、組織の能力を最大化し、会社組織自体の成長にもつながります。

転職と給与の変化の関係

給与を上げるために、転職という選択肢を取る人は非常に多いです。

実際に、株式会社ネクストレベルが行った、30代で転職した経験のある120人の社会人を対象に転職活動の実態調査を行った結果では、30代の転職理由に「給与が低い」と選んだ人は全体の33.3%を占めており、一番多いです。

転職では、うまく自分の会社での経歴やスキルをしゃべることができれば、今の勤めている会社よりも高い給与で働けるように交渉することも可能です。

 

Business man's fist with upward arrows

まとめ

給与を上げる方法は、様々ですが、今の環境に満足していないのであれば、転職を考えてみるのもいいかもしれません。

「一人では何をやっていいのかわからない」「客観的な視点が欲しい」と思っている方は、キャリアにおけるポートフォリオ作成サービスを使ってみてはいかがでしょうか。

【しゃべりお】では国家資格を持ったキャリアコンサルタントと気軽に喋りながら、あなたの特徴、長所や短所、これまでの経験を引き出しながら、整理してもらえます。

そして、しゃべった内容を元に、あなたの魅力や実績が伝わる自己PR資料”ポートフォリオ”を作成してもらえます。自分では気づきにくい魅力や言語化しにくい価値観をプロの力で、伝わる資料が作成できます。

喋りながら、本音を見つめ直すと考えると、少し簡単に思えませんか?
実際に友達などの第三者と話している時に自分の本音に気がつくことってよくあると思います。

キャリアのプロに相談してみるのも一つの自己分析かもしれません!

   

しゃべりおリンクバナー投稿記事内用

NO IMAGE

What's ”shabellbase”?

自分らしさは探すものじゃない、育むものだ。
明るい社会と未来のために、だれもが必ず持っている、“あなたらしさの種“を育てるヒントを提供するのがshabellのバリュー。
shabellbaseは、自分らしく生きる人の軌跡や考え方を綴った、キャリア、ライフスタイル、価値観にフォーカスし、“生き方図書館“ を目指すウェブメディアです。

CTR IMG
contact
us
LINE facebook