ダンサーから一流ドラマーに上り詰めた神田リョウさんが考える目標設定とは!

ライブで話すドラマー神田

今回はダンサーからドラマーに転身され、最近ではNissy、相川七瀬、EXILE TAKAHIRO、ORANGE RANGE等の全国ツアードラマーとして参加するなど、ジャンルを問わないセッションドラマーとして活躍中の神田リョウさんにインタビューさせていただきました。

自分の好きなことを仕事にするという目標を幼いころから目標として持ち続け、好きなことと向き合い続け、それを実際に叶え現在は好きな仕事にしている神田リョウさん。

ドラマーを目指すまでの経緯や、その時の心境、これからのキャリアについてたくさんお話していただきました。

自分の好きなことを仕事にしたい

シンドラムの前に座りベレー帽をかぶる神田リョウ

学生時代、神田さんどんな夢をお持ちでしたか?

神田リョウさん:自分の好きなことを仕事にする」という言葉に憧れていて、それを実現したいというのが目標でした。

 

その好きなこととは、何だったんでしょうか?

神田リョウさん:僕がドラム始めたのが高校の時で、業界的に言うと比較的遅いほうなんです。
例えばピアニストとかは幼少期からやっているイメージがあるじゃないですか。それで言うと始めた時期は人より遅かったのかも、と思いますね。

それまでは小学校6年生からずっとダンスやっていました。中学に上がってもまだ続けていて、その間に芸能事務所に入ったりして。結構色んな所で、いろんな舞台に立って踊っていたという時期を過ごしたこともあり、半分プロみたいな状態でやっていたんです。もともと好きで始めたものだったので仕事という概念もあまりわかっていなかった年頃でもあるんですが、自分の好きなことをライフワークにしていきたいというか、漠然とそういう自己実現についてはイメージしていた記憶がありますね。

 

そのままダンスを続けずにドラムに切り替えられたのはなぜなのでしょうか。

神田リョウさん:そうですね。少し話がそれますが、小学校5年生のときにハイパーヨーヨーが流行っていたんです(笑)。一大ブームになっていて。小学校のときににハイパーヨーヨーのプロとして活動しようと決めた時に、ブームが去ってしまったんですね。大会を受けれる会場がどんどん少なくなっていくんですよ。パフォーマーとして食べていくという意識は小学生ながらにしてちょっとあったので、そのときに初めて挫折というか、ムーブメントってこういうものなんだと知りました。時流に逆らえずヨーヨーは諦めてしまったんですが、そこから新しい趣味を見つけたいなと思い、始めたのがダンスです。

ダンスを始めてから事務所に入り、舞台に立って活動していたんですが、中学3年生の時に受験と被ってしまったんですね。そして進学した高校が地元のダンスレッスン場から離れた場所にあったので、物理的に通えなくなってしまったんです。ダンスを辞めざるを得ないと思い、その事務所を抜けました。
ダンスから、いろんな活動に広げていければいいなと漠然と考えていたんですが、その時期にダンスの一流ってなんだろうとぼんやり考えてもいて。その中で、ジャニーズってやっぱり一流だよなと考えた時があって。
その流れでTOKIOの松岡くんに憧れてたんです。TOKIOだからすごくバンド色が強くて。みんな踊らないけどかっこいいなと感じました。TOKIOを見ると、松岡くんがやってる楽器かっこいいと思うようになって、そこから憧れはダンスからドラムに変わりましたね。

そして、高校で入部したのがジャズのビッグバンド部で、そこで初めてドラムを触る機会がありました。やりたいことを先に見つけて進むというタイプの学生だったので、ダンサーからドラマーに変わったきっかけはそこですかね。

 

憧れから入ったドラムですが、実際に叩いてみてドラムならではの面白さは感じましたか?

神田リョウさん:もちろんありましたし、部活自体がジャズだったので、全然TOKIOがやってるものじゃなかったんですよ(笑)。
これじゃないな、と思いつつ、これもドラムの一面なんだっていう落とし所で続けていたんです。

高校生なりにコピーバンド組んだり文化祭で演奏したりして、すごく楽しかったのを覚えています。
好奇心が強くて、興味があるものに対してすごく貪欲で素直なタイプだったので、ハマったらとことんなんです(笑)

 

そのくらいの時期にはプロドラマーになりたいと思い始めていたのでしょうか。

神田リョウさん:そうですね。高校生だからある程度精神的にも大人になり始めて、将来的な話も家族だったり先生とする機会が増えてきました。大学進学をするつもりでいましたが、「ドラマーとして食っていけるようになりたい」という思いが勝ち、音楽の専門学校に行くことを決めました。

その専門学校に行く学生は皆、学校を卒業したらプロになると思っていたんですよ、プロになるもんだと思って専門学校に行くことを決めたと思うので。でも実際蓋を開けてみるとプロになる人は少なくて、普通に就職したり、音楽辞める子も多くて、いざ自分は専門学校を卒業して上京して、プロになるぞって意気込んでたのですが、後ろを見てみると誰もいなかったんです。

 

プロを目指されるのは一部の方だけということでしょうか。

神田リョウさん:そうですね。目指すは目指すけど厳しい世界なのももちろんあるので、志半ばにという学生も多いんだと思います。

 

プロかプロじゃないかという、アーティストでの線引きってなんでしょうか。

神田リョウさん:難しいですが、線引きは資格業じゃないので、自分で設定するしか無いんです。線引きって難しくてあるようで無くて。
ドラムを初めて3日目だけど、「今日から俺はプロだ」って言ったらプロなんですよ。

アマチュアの延長線から少しずつ経験と仕事に必要なスキルを身につけて、気づいたらプロになっているというのが答えに近いかなと思います。僕の中での線引は、お金を取り始めて、仕事としてドラム一本で生きていけるようになってからだと思っています。

あとは、周りの扱い方の変化もありますね。この人はプロだからギャラをこれだけ払います。とかプロとして仕事に呼ばれるようになるので、アマチュアとして扱われなくなるんです。
立ち居振る舞いからだんだんプロになっていくイメージですね。今だとSNSもあるので見え方はある程度プロデュースできるとは思うんですが、周りがプロとして扱うようになってからがプロという、すごく曖昧なラインではあります。

 

夢は漠然としていたほうが追いかけやすい

赤い衣装を着てドラムをする神田リョウ

夢を抱いていた学生時代の頃と、いざ叶えられて仕事をしている今を比べてギャップはありましたか?

神田リョウさん:基本的に好きなことを仕事にするというのが夢だったので、ギャップで言うと曲がりなりにも好きなことで食っていく、プロになるという夢を叶えたときに目標を見失ったんです。次僕はどこに向かえばいいんだ?って。入り口を夢として設定してしまうと、そこから先の目標がぼんやりしてきちゃうんですよね。なので夢は漠然としてたほうが追いかけやすいのかなと、自分の経験から思います。

「一流のプロドラマーになる!」という漠然とした夢を持っていれば、プロになった後でも、「一流とは」ということについて模索し続けるじゃないですか。

だから、どうやったら叶えられるのかがわからない目標のほうが、燃え尽きることなく進み続けられるんじゃないかなと思います。はっきりしたビジョンを見たほうが追いかけやすいよということもあると思うんですが、追いかけられないはず無いんです。絶対俺はこの道で行くんだという人は、割と適当な目標を立てておいたほうが虚無感に襲われずに済むので、良いと思います。

 

世界中のプレーヤーと良いセッションがしたい

ドラムをする神田リョウ

そこからの道筋は見つかっていますか?

神田リョウさん:正直言うと漠然としています。ドラムだけで仕事ができるようになってから何年も立ちますが、売上や数字が見える世界じゃないので、数値化するのがすごく難しいんですよ。仕事的には何パターンかあって、バンドがデビューして売れたパターンのドラマーも居れば、僕みたいに特定のバンドは持ってないけど色んなアーティストのバックでサポートドラマーとして参加するパターンもあります。レコーディングに参加したり、外部のアーティストのサポートという形で自分が行くスタイルです。

自分のバンドを持っていると、オリコン何位だとか、ビルボード何位を目指そうとか、具体的な数字が見えやすかったりするんですが僕のパターンだとまた変わってきます。僕らの仕事って大工さんみたいな感じなので、アーティストがいて曲ができて、アレンジャーさんがいて、その次に音を出す僕たちがいるんです。だからこんな家が建てたいというアーティストの要望に、アレンジャーがプランニングを立てて図面を引いて、その図面を元に僕らが実際に音を出して演奏するっていうスキームです。

数字で見えにくい分、誰よりも良い作品を残すことが僕らの目標です。僕は自分の作品を作りたい欲求よりも、誰かの夢を叶えたい欲求のほうが強いですね。誰かのビジョンに対して、誰よりもかっこいいドラムを入れたい。曲でも、ライブのサポートでも、誰よりも一番良いドラマーで居たいという気持ちが一番にあります。だから自分が関わったアーティスト全員売れてくれと思いますし、その人が叶えたいビジョンに現実がついてったら良いなって思うんですよね。
また、誰かの夢のお手伝いが実際に自己実現になってたりもするんです。ここでいう次のビジョンはぼやっとですがあります。来日公演でのサポートは経験がありますが、海外のアーティストと仕事をする経験が無いので、海外に行って世界中の良いプレーヤーと良いセッションをすることが次の目標かもしれないですね。

 

誰かの夢を叶えるという想いからオンラインサロンも始められたんでしょうか。

神田リョウさん:それもありますし、基本フリーランスなのでセルフプロデュースやブランディングの一環というのが答えに近いです。
基本的に仕事って、レッスンかレコーディングかライブなんです。

あとドラムチューナーっていう仕事もあります。ドラムチューナーは、他のドラマーの音を引き出してあげる仕事なんですけど、良い音にチューニングするにはそれなりの技術が必要なのでこれがまた難しくて。
ドラマー向けのすごくニッチな仕事ですが、ドラムチューナー含めて全部で4つが、主な収入源になります。

その4つの柱でやっていくにあたって、やらなきゃいけないことってなんだろうって考えたとき、名前を知ってもらわなきゃ行けないなと思ったんです。そのためにまず積極的にSNSを使おうという目標と、SNSで発信していることとはまた違った一面を見てもらうためにオンラインサロンを始めました。

 

実際にどんな相談事がありましたか?

神田リョウさん:ドラムを始めたい子だったり、上手くなるためのコツを聞かれることもありますが、ドラマーの子どもを持つ親からの相談を聞かれることが一番多いですね。どうやってサポートしたらいいのか、分からない親御さんが割とたくさん居ます。

 

shabellのサービスのお話を聞いて、shabellに対してどんな印象を持たれましたか?

神田リョウさん:正直に言うとあまり驚きはなくて、新しいという印象ではなかったと言うか。

今の時代、インターネットを使えば誰でも距離感をすっ飛ばして繋がれちゃうので、それを上手にマネジメントする企業は出てくるだろうなって思っていました。ですが、キャリア相談に特化している企業は新しいと思いました!使う人が積極的に増えたらいいなと思いますね。

 

実際これが学生時代にあった場合、誰に相談してみたいですか?

神田リョウさん:憧れの人ですよね。なかなか普段会うに会えない人…ワールドクラスの人のステージに参加してるドラマーに話を聞きたいです。なので通訳の機能とかがあるともっといいですよね。

海外の人からのアドバイスは聞いてみたいです。
後は、その世界でそれなりに成果を出している人に聞きたいです(笑)。むしろ、全然関係ない人でもいいと思います。大企業の社長だったけど破産してしまった人の話とか、赤裸々なところを聞かせてもらえるのも良い機会だと思うのでそんな風に使いますかね。

 

最後に、未来ある若者に一言メッセージを頂きたいです。

神田リョウさん:諦めないで続けてください!!これしか正直ないと思っています。夢を叶える上で一番大切なことは、ここ何年もずっと変わってないです。どんだけ技術があってもどれだけ努力をしても、叶うまでに辞めてしまうと叶わないんです。なので、叶うまで続けてください。

なんとかして続けるという能力もすごく大事だと思うので、地をはって泥水をすすろうが、雪の降りしきる中に裸で飛び込もうが、その根性がない限り無理だと思います。キツい言い方もしてしまいましたが、諦めずに続ければ絶対に叶います

*** 

今回はプロドラマーとして活躍されている神田リョウさんにインタビューさせていただきました。神田さんのインタビューのなかでとても印象に残っているのは、最後の質問に対しての、「地をはって泥水をすすろうが、雪の降りしきる中に裸で飛び込もうが、その根性がない限り無理だと思います。諦め続けなければ絶対に叶います。」という言葉です。

音楽という厳しい世界で、神田さんも業界に入ってドラムを始めるには遅いと思ったと語っていましたが、神田さんはこの根性を持って自分の目標をかなえようと必死に努力されたんだというのが伝わってきました。

shabellbaseでは今後も多種多様なキャリアを築く方々を紹介しています。
あなたの夢探しやライフプランに役立つヒントを見つけてみてください。

神田リョウさん
かんだ りょう|ドラマー


1987年生まれ、兵庫県出身。
ダンサーとしてのキャリアを経て高校でジャズビッグ・バンドへの入部をきっかけにドラムを本格的に始める。
Nissy、EXILE TAKAHIRO、ORANGE RANGE、GReeeeN、JUJU、坂口有望、BoA、WHITEJAMなど、名だたるトップ・アーティストのレコーディングや、ライブ・ステージでサポートを務める。

神田式ゆるふわドラム塾オンライン:https://www.yuru-drum.com/
神田リョウ研究所:https://fanicon.net/fancommunities/307

〜shabellで神田リョウさんに相談したい方は下のバナーをクリック!〜

スキ! (記事が気に入ったらハート)
読み込み中...
NO IMAGE

What's ”shabellbase”?

自分らしさは探すものじゃない、育むものだ。
明るい社会と未来のために、だれもが必ず持っている、“あなたらしさの種“を育てるヒントを提供するのがshabellのバリュー。 shabellbaseは、自分らしく生きる人の軌跡や考え方を綴った、キャリア、ライフスタイル、価値観にフォーカスし、“生き方図書館“を目指すウェブメディアです。
shabellアプリは、 なりたい職業や選択したい生き方への不安や悩みを、その職に就いているプロフェッショナル人材に直接相談できる、“生きた教科書“を目指すアプリです。

CTR IMG