憧れの都会から地方へのIターンとは?メリットと落とし穴も紹介

Thumbnail-for-I-turn-to-the-provinces

最近、地方への移住や地域活性化の取り組みが注目されていますが、その中でも、東京から地方へのIターン移住が特に人気を集めています。都市部での生活にストレスを抱えていたり目まぐるしく回る環境に嫌気が指している人にとって、地方での生活や仕事を考えることで、より豊かな人生を送ることができるかもしれません。

しかしながら、Iターン移住にはメリットはもちろん、デメリットも存在します。地方での生活を想像する前に、自分に合った地域や生活環境を選択することが大切です。

本記事では、Iターン移住のメリット・デメリットや、おすすめの地域、失敗しないための方法について詳しく解説していきます。

 

Iターンとは?

 

IターンとUターンの違いとは?

IターンとUターンの違いとは、単純に移動する方向にあります。

Iターンとは、自分が住んでいた地域から遠く離れた場所に移住することを指します。例えば、東京から福岡や大阪への移住などが該当します。Iターンをする理由として考えられるのは、「旅行などで訪れた際にその土地の良さを発見した」「都市部での生活のストレスから離れた場所に行きたい」「田舎で暮らすことの魅力に気づいた」などがあります。

一方、Uターンとは、一度出ていった故郷や地元に戻ることを指します。例えば、東京で就職していた人が故郷の北海道に戻ることが該当します。Uターンする理由として考えられるのは、「自然の豊かな場所で、自分の生活環境を変えたい」「食費や住宅費などの生活にかかるコストを下げたい」「地域貢献に参加してやりがいを得たい」などがあります。

このように、IターンとUターンは移動する方向が逆であるという違いがあります。

すでに自分が暮らしていたことがある地域に戻るUターンよりも、全く知らない土地に飛び込んでいくIターンのほうが少し難易度が高いように感じます。

 

シャベリン画像shabellbase
シャベリン
食費を下げられるのは嬉しいなあ・・・

 

また、2拠点生活という都市部と地方に拠点をもって生活するライフスタイルも存在します。詳しくはこちらの記事で!

関連記事

シャベリン自然に囲まれた暮らしには憧れるけれど、生活の拠点を完全に地方に移すのはハードルが高いとお悩みではありませんか?☆そんな悩みを抱える都会生活者の中で、急速に注目を集め始めているのが「デュアルライフ」です。[…]

デュアルライフとは?Tips_サムネイル

Iターンをする人が増えている理由とは

 

Iターンする人が増加している理由は、様々な要因が考えられます。

まず、都市部に集中していた経済活動が地方へ移行することによって、地方においても働く機会やビジネスチャンスが増えたことが、一つの要因となっています。また、ワークライフバランスの重要性が増し、地方での暮らし方が注目されていることも背景にあります。

さらに、東京をはじめとする都市部での生活費の高騰や、自然や文化に触れられる地方の魅力が高く評価されるようになったことも、Iターンをする人が増える要因となっています。

とはいえ、昨今Iターンが注目される大きな要因となったのは震災や洪水などの自然災害をきっかけに地域おこしへの関心が高まったことや、2020年から世界的なアウトブレイクを巻き起こした新型コロナウイルスの影響もあります。都市部の感染リスクから逃れるために、人口密度の低い地方に移住を考えた人や、都市部の勤務先の業績が悪化し倒産する可能性なども考慮し、地元や地方での転職を考えた人が増加したことも考えられます。

また、リモートワークやフレックスタイム制度の普及により、地方在住でも都市部の企業で働くことができる環境が整備されたことや、地方に本社機能を移す企業が出てき始めたことはIターンの関心の増加につながっています。

総じて、Iターンが増加している理由は、地方の魅力が高まり、働き方の多様化が進んだことが大きな要因となっていると言えます。

 

気になるIターンのメリットとは?

Iターンのメリットとはなんなのか、以下に詳しく解説していきます。

都市部から離れた先に待っていることはなんなのでしょうか?

 

自然に囲まれた生活

 

地方都市では、自然に囲まれた環境で暮らすことができます。都市部では、ビルや人工物に囲まれた環境が一般的ですが、地方都市では山や川、海、田畑、森林など自然が多く残されています。このような自然に囲まれた生活を送ることは、ストレス解消や心身の健康にも良い影響を与えることができます。また、自然に囲まれた環境でのびのびと子どもを育てることもできることからも、Iターン移住者の中からも「自然の囲まれた環境」というのはIターンをする上での大きな目的となっています。

 

シャベリン画像shabellbase
シャベリン
子育ては大自然でのびのびと!という方は多いみたいですよ

 

住宅や生活費が安い

 

家賃が安いという点でも、地方都市は魅力的です。東京などの都心部では、家賃が高いため広い住居を手に入れることは難しいです。しかし、地方都市では同じ予算で広い住居を手に入れることができます。条件が良ければ庭付きの住居に住める可能性もあります。

また、家賃が安い分、生活費にかかる固定費を抑えることができます。食費や日用品の買い物にも余裕が生まれるので、贅沢な生活を楽しむこともできます。また、地方都市には新鮮な野菜や地元で獲れた魚介類、果物などが手に入り、格安で購入できることが多いため、食費を節約することができます。また、地域の特産品を使った料理や、地元の食材を使った飲食店が多いため、食のバリエーションも広がります。

 

シャベリン画像shabellbase
シャベリン
毎日おいしいご飯が食べられるの・・・!?

 

交通渋滞が少ない

 

地方都市の交通事情について詳しく見ていきましょう。都市部では朝夕のラッシュ時には電車やバスが混雑し、通勤にかかる時間が長くなることは一般的です。毎朝、満員電車やバスに揺られながら通勤している方も多いかと思います。しかし、地方都市では通勤の際もそれほど混雑することがなく、比較的通勤時間を短くすることができます。また、地方都市は自転車での移動もしやすい場所が多く、健康的なライフスタイルを送ることもできます。

また、交通費についても都市部と比較して安くなる傾向があります。電車やバスの料金が安い場合が多く、長期的に見れば財布にやさしい生活が送れます。

 

勤務先が近くなる

 

都市部で働く場合、通勤時間は長くストレスがたまりがちですが、地方都市にIターンすると、通勤時間が短くなるメリットがあります。

特に、都市部から遠い地方都市に移る場合、通勤時間は都市部と比べて大幅に短縮されます。また、車通勤が可能になる場合もあります。通勤時間が短くなることで、家族や趣味、生活に充てる時間を増やすことができるうえ、毎朝の通勤によるストレスから解放されます。

 

人間関係が密接になる

 

地方都市は人口が少ないため、住民同士のつながりが比較的強いです。特に、地域のイベントやコミュニティ活動に積極的に参加することで、新しい出会いや交流が生まれることもあります。また、同じ地域に住んでいる人同士がお互いに助け合ったり、協力することも多いため、地域に根付いた人間関係を築くことができます。実際に移住した人の中には、この「人」の部分を評価している人は多いです。都市部と比べて地方は人と人の繋がりがより顕著なので、お互いで助け合いながら生きているという実感を得られることでしょう。

 

シャベリン画像shabellbase
シャベリン
地方ならではの交流関係も魅力的!

 

Iターンのデメリットとは?

 

とはいえ、Iターン移住には、メリットだけでなくデメリットもあります。以下にいくつか挙げてみます。

 

友達や知人が少ないこと

 

地方に移住すると、東京での友達や知人が近くにいなくなるため、新しい友達を作らなければならなくなります。特に社会人になってから移住する場合には、仕事場での出会いや、趣味のサークルなどでの交流が大切となります。

 

 

仕事や給与が減ること

 

地方によっては、東京と比べて給料水準が低い場合があります。また、東京ほど求人数が多くないため、自分の専門分野での求人がなかなか見つからない場合もあります。そのため、移住前には自分の専門分野やスキル、そして地方で求められる職種を調べ、事前に就職先を見つけることが大切です。

 

生活環境の変化

 

地方と都市では、生活環境が大きく異なる場合があります。例えば、都市に比べて交通手段が限られている場合や、商業施設が少なく日用品の調達が難しい場合もあります。また、気候や文化も違うため、これまでの生活スタイルに合わせた暮らしを送ることができるかどうかも重要なポイントです。

 

以上のようなデメリットがあるため、Iターン移住前には自分に合った地域や職種を選択すること、そして地方での生活についてしっかりと情報収集することはとても大切です。

 

Iターン先の探し方や失敗しない方法とは?

 

Iターン先の探し方や失敗しない方法については、以下のようなアドバイスがあります。

 

目的や条件を明確にする

Iターン先を探す前に、自分が何を求めているか、何が大切なのかを明確にすることが重要です。転職や起業、自然豊かな暮らしなど、目的や条件を決めてから探すと、自分に合った場所が見つかりやすくなります。

 

シャベリン画像shabellbase
シャベリン
実際に移住した人たちは「家族と過ごす時間を増やす」「自然豊かなところで暮らしたい」「東京へのアクセスが良い」「海が見えるところ」などを目的や条件を設定しているとか!

 

地元の情報を調べて、実際に訪問してみる

移住先の地域情報を調べることは、非常に重要です。インターネットや地方自治体のホームページ、移住エージェントなどを利用して、現地の情報を収集しましょう。地元のイベントやおすすめスポット、住宅情報など、様々な情報を調べることができます。

情報を収集した後は、実際に移住先を訪れてみることをおすすめします。現地に行くことで、雰囲気や人との交流など、実際に体験してみることができます。訪問する際は、住宅や職場を訪れるだけでなく、地元の人との交流や食事など、現地を楽しむことも大切です。

 

シャベリン画像shabellbase
シャベリン
目で見て初めて分かることもありますよね

 

イベントや催しごとに参加する

 

年に一度、全国の移住窓口が東京に集まる国内最大級の移住マッチングフェアが毎年秋に開催されています。全国約350の自治体・団体が参加し、移住相談ブースなどを設ける「ふるさと回帰フェア」は約2万人が来場する大規模イベントでもあります。先輩移住者や講師の話がリアルに聞けるので、移住に悩んでいる方はぜひこちらに参加してみてはいかがでしょうか。

また、移住を手助けする施設は役所などにあるはずなので、気になった人は相談をしてみましょう。移住や創業に関するサポート制度を知ることができることはもちろん、移住先の事業承継の具体的な事例や相談件数などリアルな情報を教えてもらったりした人もいるそうです!

ふるさと回帰フェア:https://www.furusatokaiki.net/furusatokaikifair/

シャベリン画像shabellbase
シャベリン
これは参加してみたいな〜!

 

Iターンのおすすめ地域を紹介

 

Iターンを考えている人にとって、どの地域がおすすめなのかというのは重要なポイントの一つです。以下では、Iターン先としておすすめの地域を紹介します。

 

北海道

 

北海道は自然が豊かで、四季折々の美しい景色が広がっています。また、人口密度が低く、広大な土地があります。札幌市などの都市部は人口も多く、生活に必要な設備が整っているので、都市派の人にもおすすめです。また、農業や観光業に携わることができるため、自分の生活スタイルに合わせた働き方が可能です。

 

福岡県

 

福岡県は、福岡市を中心に発展しており、東京に次ぐ都市圏として発展しています。また、大学や専門学校が多く、若い世代にも人気があります。また、食べ物が美味しく、温暖な気候が魅力的です。

 

長野県

 

長野県は自然が豊かで、夏は涼しく、冬はスキーやスノーボードなどの冬季スポーツが楽しめます。また、健康寿命が全国平均よりも長いということで、「健康長寿県」としても知られています。観光業や農業などの副業も盛んで、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

 

奈良県

 

奈良県は古都として知られており、多くの観光地があります。また、山や海に囲まれた豊かな自然に恵まれており、自然を満喫できる場所が多数あります。また、奈良市や大和高田市などの都市部も発展しており、生活に必要な設備が整っているため、都市派の人にもおすすめです。

 

シャベリン画像shabellbase
シャベリン
あなたのライフスタイルに合わせて探してみてね!

 

まとめ

 

この記事では東京から地方に移住する魅力的なIターンについて紹介してきました。

東京に住むメリットと、地方で暮らすメリットはそれぞれ違いますし、それぞれの暮らしに素敵なポイントがあると思います。

実際に地方にIターンで移住された方の中には、移住先の街のためになにかしてあげたいということで新たな移住者を受け入れる団体に所属して講師として移住希望者に話をしたりするなどして地方の振興に貢献している方もいます。

生活のスタイルが多様化した現代だからこそ、あなたに合ったライフスタイルを選びましょう!!

 

   

しゃべりおリンクバナー投稿記事内用

NO IMAGE

What's ”shabellbase”?

自分らしさは探すものじゃない、育むものだ。
明るい社会と未来のために、だれもが必ず持っている、“あなたらしさの種“を育てるヒントを提供するのがshabellのバリュー。
shabellbaseは、自分らしく生きる人の軌跡や考え方を綴った、キャリア、ライフスタイル、価値観にフォーカスし、“生き方図書館“ を目指すウェブメディアです。

CTR IMG
contact
us
LINE facebook